TOPICS
2009年03月18日
VECの支援制度を活用し、塩ビ複合製品のリサイクル技術を完成
――アールインバーサテック社――

 リサイクルビジョン取組みの大きな柱である「塩ビリサイクル支援制度」が2007年12月にスタートして1年余りが経過、この間、採択された案件は、それぞれが現在開発を続行中です。そのひとつ、アールインバーサテック社の高速叩解技術の支援制度による開発期間が2月末で終了しました。高速回転体に取付けた叩解工具で激しく叩くことで接着界面を分離させるという全く新しい技術で、同社は既に壁紙(紙パルプと塩ビの複合)で技術を確立済みですが、今回の支援制度による開発によって、ターポリンやタイルカーペット、防水シートなど繊維と塩ビの複合製品に適用することに成功し、汎用性のある叩解分離技術を完成させました。塩ビ製品のリサイクルに新しい地平が拓かれようとしており、本技術による多様な塩ビ複合製品のリサイクルが期待されます。