VEC TOPICS
2018年7月18日
 PVC News No.104発刊

 塩化ビニル環境対策協議会(JPEC)から情報誌PVC News 104号を発刊しました。

 今号の特集は、「塩ビと安心・安全な街づくり」としました。一つ目は都市防災機能強化の一環として取り組まれている無電柱化に焦点を当て、地下に埋設する電線・ケーブル保護管(塩ビ管)について取材しました。先ず、東京都建設局の加藤部長に無電柱化推進計画の現状や課題について話していただきました。次に、その無電柱化推進に貢献しているC.C.BOX(電線共同溝)管路システム研究会の活動について取り上げました。二つ目は、夜間でも避難誘導標識などに幅広く利用されているタキロンシーアイ(株)の塩ビ蓄光シートについて掲載しました。

 そして、「リサイクルの現場から」では、昨年塩ビ壁紙廃材を分離するリサイクルプラントを立ち上げた(株)エコロの取り組み、また、「インフォーメーション」コーナーでは最近人気が復活しているアナログレコードを取り上げ、30年ぶりに自社生産を再開した(株)ソニー・ミュージックエンタテインメントの取材、また球体テントをホテルとして実用化した(株)イン・ザ・パーク、その制作を手掛けた去O鷹テント、「塩ビ最前線」コーナーでは近年ホテルやオフィスをゴージャスに演出する化粧フィルム分野で活躍しているアイカ工業(株)について掲載しました。

JPEC ホームページ