床材

 床材は人の歩行や台車の走行などに常時曝されるため、耐摩耗性が要求されます。また、安全で快適な歩行を保障するために適度な防滑性が必要であり、同時に室内空間を演出する内装材として高い意匠性も欠かせません。こうした性能を総合的に可能にする材料として塩ビは最も優れています。

用途

一般建築用 クッションフロア
ビニル床シート
商業施設用 ホモジニアスビニル床タイル
コンポジションビニル床タイル

特長

クッションフロア(B-14-1)

  • 多彩な色柄が表現でき、裏面に発泡層を有するので断熱性や衝撃吸収性にも優れています。
  • 主流の1.8mm厚のものから軽量床衝撃音遮断性能を持つ4.2mm厚と多様なニーズに対応が可能です。

ビニル床シート(B-14-2)

  • 一般建築に最も普及している長尺床材です。
  • 耐動荷重性・帯電防止性・抗菌性等に優れているため、一般的な汎用品から複数の機能が要求される病院手術室などに至るまで幅広い用途が可能です。
クッションフロア B-14-1

クッションフロアB-14-1

ビニル床シート B-14-2

ビニル床シートB-14-2

ホモジニアスビニル床タイル(B-14-3)

  • 多種多様なデザインと質感を具現できます。

コンポジションビニル床タイル(B-14-4)

  • ビニル床材の中で最も歴史が古く、構成が単層です。
  • 耐久性があり幅広い用途が可能です。
ホモジニアスビニル床タイル B-14-3

ホモジニアスビニル床タイルB-14-3

コンポジションビニル床タイル B-14-4

コンポジションビニル床タイルB-14-4

環境

  • 環境省の広域認定制度に基づき、ビニル系床材施工の際に発生する端材・余材を回収して、再び床材に使用するリサイクル事業を実施しています。
  • 一定の条件(リサイクル材を15%以上使用)を満たしたビニル系床材は、グリーン購入法適合商品に認定されています。