プラスチックの種類別生産量

プラスチック生産量の生産推移

 塩ビ樹脂は、他の汎用プラスチックに先駆けて、1950年に国産化され、本格的な生産が始まりました。
 1960年代に建設用・工業用などへ用途が拡大し、1969年には100万トン/年を超過、1991年には200万トン/年を超過しています。
 2008年は原油価格の高騰、未曾有の金融危機に直面し需要が減少したことから約180万トンで、ポリエチレン、ポリプロピレンに次いで第3位ですが、近年は減少傾向が続いています。

汎用プラスチックの生産比較

 汎用プラスチックの中で塩ビ樹脂の占める割合は1970年で31.3%でしたが、他の汎用プラスチックが定着した1980年代以降は23~26%前後で推移し、最近は20%前後となっています。

プラスチック原材料の生産推移(暦年)

プラスチック原材料の生産推移
出典:日本プラスチック工業連盟

単位:千トン

  1950 1960 1970 1980 1990 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005
ポリエチレン(PE) 0 41 1,305 1,860 2,888 3,369 3,342 3,294 3,176 3,165 3,238 3,240
ポリプロピレン(PP) 0 0 581 927 1,942 2,626 2,721 2,696 2,641 2,751 2,908 3,063
塩化ビニル樹脂(PVC) 1 258 1,161 1,429 2,049 2,460 2,410 2,195 2,225 2,164 2,153 2,151
スチレン系樹脂 0 22 668 1,129 2,092 2,038 2,024 1,810 1,837 1,801 1,824 1,734
ポリエチレンテレフタレート(PET) 0 0 0 0 0 666 699 662 697 603 720 684
その他熱可塑性樹脂 5 16 253 540 1,156 1,545 1,561 1,462 1,568 1,681 1,733 1,787
熱硬化性樹脂 11 217 1,160 1,634 2,048 1,432 1,457 1,292 1,271 1,261 1,301 1,286
その他樹脂 0 0 175 336 455 185 233 226 194 198 206 199
合計 17 554 5,128 7,518 12,630 14,322 14,446 13,638 13,609 13,624 14,084 14,145
                         
  2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
ポリエチレン(PE) 3,166 3,232 3,089 2,805 2,684 2,834 2,605 2,631 2,639 2,609 2,569 2,655
ポリプロピレン(PP) 3,049 3,087 2,869 2,411 2,467 2,448 2,390 2,248 2,349 2,501 2,466 2,506
塩化ビニル樹脂(PVC) 2,146 2,162 1,797 1,668 1,602 1,529 1,331 1,487 1,477 1,643 1,651 1,706
スチレン系樹脂 1,745 1,749 1,594 1,240 1,265 1,275 1,168 1,189 1,162 1,210 1,183 1,241
ポリエチレンテレフタレート(PET) 686 698 685 500 572 565 472 526 463 431 418 424
その他熱可塑性樹脂 1,782 1,807 1,663 1,254 1,463 1,437 1,359 1,342 1,367 1,359 1,312 1,335
熱硬化性樹脂 1,276 1,269 1,159 886 920 949 943 946 916 867 895 934
その他樹脂 200 194 186 147 211 179 271 210 234 214 258 274
合計 14,050 14,199 13,041 10,912 11,185 11,219 10,540 10,579 10,607 10,834 10,753 11,075

※ポリエチレンは低密度ポリエチレン+高密度ポリエチレン+エチレン酢ビコポリマーです

※スチレン系樹脂はポリスチレン+AS樹脂+ABS樹脂です