塩ビ樹脂のJIS規格

塩ビ工業の上流部門(石油化学工業、ソーダ工業)

 塩ビ樹脂は以下の試験方法によって管理され均質な性状で出荷されます。またポリ塩化ビニルコンパウンドは塩ビ製品のひとつですが、成形のための中間材料として市場に供給されていますので、あわせて掲載します。(2020年03月時点)

JIS K 6720-1:1999 プラスチック-塩化ビニルホモポリマー及びコポリマー(PVC)
-第1部:呼び方のシステム及び仕様表記の基礎
JIS K 6720-2:1999 プラスチック-塩化ビニルホモポリマー及びコポリマー (PVC)
-第2部:試験片の作り方及び諸性質の求め方
JIS K 6737:1999 プラスチック-ポリ塩化ビニル
-不純物及び異物の数の求め方
JIS K 7117:1999 プラスチック-液状,乳濁状又は分散状の樹脂
-ブルックフィールド形回転粘度計による見掛け粘度の測定方法
JIS K 7365:1999 プラスチック
-規定漏斗から注ぐことができる材料の見掛け密度の求め方
JIS K 7366-1:1999 プラスチック-可塑化ポリ塩化ビニル(PVC-P)成形用及び押出用材料
-第1部:呼び方のシステム及び仕様表記の基礎
JIS K 7366-2:1999 プラスチック-可塑化ポリ塩化ビニル(PVC-P)成形用及び押出用材料
-第2部:試験片の作り方及び諸性質の求め方
JIS K 7367-2:1999 プラスチック‐毛細管形粘度計を用いたポリマー稀釈溶液の粘度の求め方
-第2部 塩化ビニル樹脂
JIS K 7370:2000 プラスチック-塩化ビニル樹脂
-固め見掛けかさ密度の求め方
JIS K 7371:2000 プラスチック-塩化ビニルホモポリマー及びコポリマー
-水抽出物のpHの求め方
JIS K 7372:2000 プラスチック-塩化ビニル・酢酸ビニルコポリマー
-酢酸ビニル含有量の求め方
JIS K 7380-1:2011 プラスチック−塩化ビニルホモポリマー及びコポリマー-残留塩化ビニルモノマーの求め方
-第 1 部:ガスクロマトグラフ法
JIS K 7380-2:2011 プラスチック-塩化ビニルホモポリマー及びコポリマー-残留塩化ビニルモノマーの求め方
-第 2 部:乾燥粉末・ガスクロマトグラフ法
JIS K 7381:2002 プラスチック-ポリ塩化ビニルペースト
-シーバスレオメーターによる見掛け粘度の求め方
JIS K 7382:2002 プラスチック
-塩化ビニルホモポリマー及びコポリマー-揮発分(水分を含む)の求め方
JIS K 7383:2002 プラスチック-試験に供するポリ塩化ビニルペーストの調整方法
-ディゾルバ法
JIS K 7384:2002 プラスチック-試験に供するポリ塩化ビニルペーストの調整方法
-プラネタリミキサ法
JIS K 7385:2002 プラスチック‐塩化ビニルホモポリマー及びコポリマー
−塩素含有量の求め方
JIS K 7386:2002 プラスチック-一般用塩化ビニルホモポリマー及びコポリマー
−室温における可塑剤吸収量の求め方
JIS K 7386:2002 プラスチック-一般用塩化ビニルホモポリマー及びコポリマー
−室温における可塑剤吸収量の求め方
JIS K 6723:1995 軟質ポリ塩化ビニルコンパウンド
JIS K 6723:2006 軟質ポリ塩化ビニルコンパウンド(追補1)
JIS K 6740-1:1999 プラスチック−無可塑ポリ塩化ビニル(PVC-U) 成形用及び押出用材料
−第1部:呼び方のシステム及びその仕様表記
JIS K 6740-2:1999 プラスチック-無可塑ポリ塩化ビニル(PVC-U) 成形用及び押出用材料
−第2部:試験片の作り方及び諸性質の求め方