ラップフィルム

 塩ビラップフィルムは、1960年代後半にセルフサービス販売のスーパーマーケットの誕生と期を一にして使われ始め、生鮮食品を適当な単位・量にパックして食品の新鮮さや風味を守って衛生的にお客様に提供することができ、現在では食品加工現場や家庭などで、欠く事のできないものとなっております。
 クリアな透明感、光沢感で生鮮食品を容器にすばやくフィットさせる自己粘着性、伸縮性などを兼ね備えています。また、化粧箱入りラップフィルムは、業務用から、一般家庭まで、手軽に、幅広く使用されております。

種類

  • ラップフィルム
    青果用
    肉、魚用
    その他
  • カッター刃付き化粧箱入りラップフィルム

特長

  • きゅうり、トマト、ピーマン等様々な形をした野菜でも容器にピッタリと美しく包装できる自己粘着性、柔軟性、伸縮性、透明性に優れたフィルムです。
  • トレーとの組み合わせで、スーパー等でのセルフサービス販売で欠かせないフィルムとなっております。
  • 食品を常にフレッシュに演出する優れた透明性、光沢性、ガス透過性や水気による曇りを防ぐ防曇性を持っています。
  • 包むカタチにこだわらずすばやくフィットする自動包装機に良好な適応特性を有しています。
  • カッター刃付き化粧箱入りラップフィルムは、優れたカット性、ラップしやすい適度な腰、皿、容器等にピッタリと着く優れた粘着性を有しています。
  • 厚生省告示に合致した安全性の高い食品包装用フィルムです。
ラップフィルム(青果用) D-20-1

ラップフィルム(青果用)D-20-1

ラップフィルム(肉、魚用)D-20-2

ラップフィルム(肉、魚用)D-20-2

ラップフィルム(魚用)D-20-3

ラップフィルム(魚用)D-20-3