VEC TOPICS

2022年大学入学共通テスト 英語リーディング第6問 Bについて

2022年2月17日

1. 問題意識

 大学入学共通テストは後世に残るため、現状だけでなく次世代にプラスチックに関して偏った知見が拡散、定着するおそれがある。今回出題された英文問題には塩ビ(PVC)に関して事実に反する内容等が含まれているため、正しい理解を訴求するためにも記者会見等を通じて、塩ビに関して誤解を招く表現については解説を行うこととする。

2. PVC に関して解説が必要な事項(別添本文参照、該当箇所には下線)

(1)P32, Figure1, 16~18行目:So , what do these numbers mean ?  One group (number 2,4, and 5) is considered to be safer for the human body, while the other (number 1, 3, 6, and 7) could be problematic in certain circumstances.
とあるが、当該シンボルマークは、回収・リサイクルの際にプラスチックの種類を識別するための表示であって、2 (HDPE) , 4 (LDPE) , 5 (PP) のグループは人に安全で、1 (PET) 、3 (PVC) 、6 (PS) 、7 (その他) は環境に問題があるというような差別的な説明は不適切である。

(2)P33, 20 行目:If PETE is contaminated with Polyvinyl Chloride PVC , it can make it unrecyclable.
とあるが、PETE がPVCで汚染されるとリサイクルできないという意味であるものの、PETEに限らずどのプラスチックにおいても他種のものに汚染されればリサイクルは困難であるため、PVCを特定して誤解を招くような表現は適切でない。

(3)P33, 21 行目 PVC, Type 3, is thought to be one of the least recyclable plastics known
とあるが、実際とは異なり、日本だけでなく、米国や欧州においても、PVCはリサイクルされている。米国、欧州、日本のPVCのリサイクルにしては以下のサイトが参考になる。
〇米国 Vinyl Institute https://www.vinylinfo.org/recycling/
〇欧州 Vinyl Plus https://www.vinylplus.eu/circular-economy/pvc-a-recyclable-material/
〇日本 当協会 https://www.vec.gr.jp/recycle/recycle1_1.html

(4)P33, 22 行目 It should only be disposed of by professional and never set in fire to at home and in the garden.
このセンテンスも唐突で、その意味が読み取れない。根拠不明。

(5)P33 , 23 行目 Type 3, plastic is found in shower curtains, pipes, and flooring.
とあるが、shower curtainsの需要は小さく、受験生にとってイメージできるか疑問?前のセンテンスとの係が分かりづらい。
 因みに、塩ビパイプはプラスチックの中では昔から知られている代表的なリサイクル事例である。また、国内のFlooringビニル床シートでは、再生PVC(リサイクル材)を約15%使用している製品が多くあり、環境(資源循環)に貢献している。

(6)P35, 問2 Type3 PVCにする選択として、① difficult to recycle and should not be burned in the yard が正となっている。
 上記(3)(4)のようにP33、21~23行目の記述に従い①が正解となっているが、そもそも記述内容が誤っている、もしくは根拠不明である。

以上