VEC TOPICS

標準化により需要開拓を目指す塩ビ製品

2022年2月17日

○標準化(Standardization)とは、「自由に放置すれば、多様化、複雑化、無秩序化する事柄を少数化、単純化、秩序化すること」です。また、標準(=規格:Standards)とは、前述の標準化によって制定される「取決め」と定義されます。

○産業標準化の意義は、自由に放置すれば、多様化、複雑化、無秩序化してしまう「製品」や「サービス」などについて、①互換性・インターフェースの整合性の確保、生産効率の向上、品質の確保、②安心・安全の確保、消費者保護、③正確な情報の伝達・相互理解の促進、④環境保護(省エネ、リサイクル等)、⑤高齢者・障がい者への配慮、⑥研究開発による成果の普及、企業の競争力の強化、貿易の促進等、それぞれの観点から、技術文書として国レベルの規格を制定し、これを全国的に統一又は単純化することであるといえます。

○こうした意義を踏まえ、VECは、塩ビ製品の原料の試験方法等に関する19規格の標準化(=JIS(日本産業規格))について原案作成機関としての役割を果たし、需要開拓に努めて参りました。
VECは今後とも建材など需要拡大が見込まれる分野について標準化に取り組んでいきます。