VEC TOPICS

循環型経済社会の形成に貢献する塩ビについて

2022年7月20日

・経済協力開発機構(OECD)が本年2月に発表したグローバル・プラスチック・アウトルック(Global Plastics Outlook)によれば、世界レベルで見ると2019年時点で20年前の2倍以上のプラスチック廃棄物が発生しており、その大部分は埋められたり、焼却されたり、環境中に漏出したりしており、リサイクルされているのはわずか9%とのことです。

・一方、塩ビ樹脂(塩ビ)は次のような特性を有することからリサイクル性能が高いため、我が国の塩ビのマテリアルリサイクル率は30%を超えており、国際的にみても高い水準を示しています。

 ① 使用期間やリサイクル時に劣化が起こりにくい、②無機質など配合し易い

 ③ 用途が幅広く、加工性がよい、④異なる用途でも調節して加工し易い

・今回のトピックスでは、塩ビのリサイクル特性と官民のリサイクル促進に向けた取り組みについて説明するとともに、こうした取り組みが循環型経済社会の形成に貢献することを解説したいと思います。